扁桃炎と性病の因果関係とは

近年では性感染症に関する啓発活動が広く行われており、性感染症に関する知識が広く伝わっているので、患者数もそれに伴い少なくなってきたかと思いきや、ある時期を境に減少してきた性感染症の患者数は、ここ数年横ばいで推移しています。
性感染症で最も感染する機会が多いのは、クラミジア菌に感染する率がとても高いです。他の感染症に比べて症状が出にくい事と、潜伏期間があるので、その間にパートナーが変わるなどして感染を広げてしまうケースが少なくありません。
クラミジアは性器に感染するケースと、咽頭に感染するケースがあります。女性の場合、男性の性器を口に含むなどの場合、男性が感染している場合には、咽頭にクラミジア菌が感染することがあります。

男性の場合は、性行為やオーラルセックスを感染経路としてクラミジアに感染するケースが多いです。感染すると人により数か月から一年の潜伏期間を置いてから、症状があらわれるケースがほとんどです。女性でもそれくらいの潜伏期間があります。性器に感染した場合、尿道炎や膣炎を引き起こし、排尿痛や性交痛という自覚症状があらわれます。

咽頭に感染した場合には、扁桃腺に炎症を起こし、扁桃炎で喉が腫れることがあります。厄介なのは、一度症状が出た後に、一旦症状が無くなることです。これで多くの人たちは治ったと誤解して、感染を広げてしまったり、細菌の繁殖がひどくなり重症化してしまうケースにつながります。もし性器や喉に違和感を覚えた場合、細菌の性行為の有無にかかわらず、専門医に見てもらうことが大切です。

男性の場合は、泌尿器科か性病科で、女性の場合は、婦人科か性病科でそれぞれ検査をすることができます。検査をしてから結果が出るまでは最低でも一週間がかかりますので、検査結果を確認するために再度病院を訪れる必要があります。陰性だった場合は良いのですが、陽性だった場合は抗生物質による治療を行うことになります。

扁桃炎は早期治療が必要!ジスロマックを治す!

咽頭にクラミジア菌に感染した場合、その多くが風邪に似た症状である為に、受診が遅れるケースが少なくありません。風邪でも扁桃炎になることもありますが、体内にクラミジア菌がいることはとても危険な状態ですので、早期に対処する必要があります。

もし扁桃炎があり、性器に違和感を覚えている場合、またここ数か月間の間にそのような症状を経験した場合には、専門医により検査する必要があります。
扁桃炎は気づきにくく、ある期間を過ぎると扁桃炎も収まってしまうので、自覚症状が無いままクラミジアが体内において増殖してしまうので、早期に検査し治療をすることはとても大切です。

細菌は体内に感染すると、粘膜内や細胞内で活発に活動し、増殖を始めますので、早期に治療をしない場合、重症化になるケースがあります。また、ほかの感染症にもかかりやすくなりますので大病のリスクともなります。
治療については抗生物質を服用することで簡単に治療することができますので、安心して受診し、必要に応じて治療を行いましょう。抗生物質を服用すると一週間程度は体内において効果を持続させますので、一週間程度は徐々に病気が治療されていきます。

抗生物質を服用している間はアルコールの飲酒を避け、抗生物質の効果を最大限活かしましょう。アルコールは抗生物質の働きを弱める働きがありますので、最低でも一種間程度はアルコールの飲酒は避け、体内で働き続けるようにしましょう。

ジスロマックという抗生物質は細菌の繁殖を抑える目的で処方されることが一般的ですが、尿道炎などの細菌性の症状の場合には用量を多くし、体内において細菌を殺す働きを持たせて服用する事がほとんどです。確実に治すためにも医師の指示には従いましょう。