咽頭クラミジアの治療法は?

「咽頭クラミジア」とは、名前のとおり咽頭の粘膜に感染する性感染症の一つです。最近では、男女の性行為はもちろんですが、性行為とは直接関係はないオーラルセックスというディープキスや粘膜同士の触れ合いなどを行う方が増えています。咽頭クラミジアはオーラルセックスにより、咽頭からクラミジアや淋菌といった性病を感染していきます。感染経路は、オーラルセックスやアナルセックスにより性器や口を使用した性行為、直腸などの粘膜からです。オーラルセックスを行うことで喉に感染するので、性行為時にコンドームを着用していたとしても感染を防ぐことができません。

咽頭クラミジアの恐ろしいところは、ほとんどの場合が無症状の場合が多く、自覚症状が乏しいところです。喉に性病が感染していることに気づかずに、症状が悪化してしまったり、周りにどんどんと感染を広げている可能性もあります。自覚症状がある場合は、喉の痛みや腫れ、咳が出やすかったり、痰が絡みやすい、発熱などの症状を訴えます。しかし、風邪と症状が似ているので、風邪と勘違いして風邪薬を服用したり、まったく関係ない薬を服用してしまうケースも多々あります。パートナーを介して感染するケースが非常に多いので、どちらか一方のパートナーが感染している場合は、もう一方の方も診察を受けて検査する必要があります。

一般的に男性よりも女性の方が、咽頭クラミジアに感染する確率が高いとされています。もともと女性の方が男性よりも性病に関する症状が出やすいうえに、風俗に勤務して男性を楽しませる行為を行う機会が多いので、感染するリスクが高いと言われています。

性器クラミジアに感染している場合は、咽頭クラミジアに感染している可能性が高いので、喉や鼻だけではなく、性器に何らかの症状がないかを注意しておく必要があります。少ない症状の中にも、男性は排尿時の痛みや膿が出る、女性はおりものの匂いに違和感があるなどの症状があれば、性器感染と共に、咽頭にも注意を払いましょう。

クラミジアの治療法は?

咽頭クラミジアは、抗生物質による治療を行わないかぎり、完治することはありません。決して自然治癒で治ることがありません。クラミジアに使用される効果的な抗生物質は、ミノサイクリンの成分が含まれたものです。非常に幅広い感染症に効果があるとされており、かなり高い確率でミノサイクリンの成分が治療に使用されます。抗生物質の内服薬のほか、静脈注射を投与します。

咽頭クラミジア感染の治療は、性器クラミジア感染の2倍以上の時間がかかると言われています。それは、抗生物質が咽頭の粘膜へ届きにくいことが理由とされています。完治するまでに2~3週間の時間は要するので、医師の指示通りにしっかりと薬を服用することがもっとも重要となります。また、指示された通り抗生物質を服用後の1~2週間後に、完治しているかどうかの再検査が必要となりますので、必ず受診しましょう。除菌直後に再検査を施行しても意味がないので、除菌後しばらくしてから検査によって、菌が検出されなければ完治したと診断されます。

男女ともに軽い症状が現れて、咽頭クラミジアと診断された場合は、抗生物質服用後数日で、症状が無くなることがほとんどです。そこで薬の服用を自己判断でやめてしまう方もいますが、完全除菌できていない状態で薬を中止してしまうと、たちまち菌が増殖してしまい、これまでの治療が無駄となり、また治療が一からとなってしまいます。中途半端な治療を行うと、抗生物質に対して耐性ができてしまい、余計に完治しにくい状態となります。

治療を一度始めたら徹底的に菌を消滅させる気持ちで、治療を続けることが大変重要となります。自身やパートナーが少しでも違和感のある症状があれば、恥ずかしがらずに婦人科や泌尿器科に受診することをおすすめします。