トリコモナスの感染原因と治療法

「トリコモナス」とは、腟トリコモナス原虫が性器内部に侵入することで起こる性感染症の一つです。感染の原因は、性行為やオーラルセックス、アナルセックスなどの行為を行うことによって感染します。特にコンドームを使用せずに性行為した場合は、かなり高い確率で罹患します。これ以外にも、タオルや衣類、便座からも感染するので、性行為の経験のある人だけではなく、乳児や若い人でも感染が見られます。

トリコモナスの性病は、日本では女性が5~10パーセント、男性が2~3パーセントの確率で罹患されていることが確認できており、男性と比べて女性の方が発症率が高いです。したがって、トリコモナス膣炎、膣トリコモナスという名称でも呼ばれます。

トリコモナスの症状は、男性と女性では症状が異なります。女性の場合は、臭いの強いおりものや黄色いおりものなどの分泌液の異常、性器周辺の強いかゆみや炎症、違和感が挙げられます。男性の場合は、女性とは性器の構造が異なることから、トリコモナスの原因菌の影響を受けにくいために、自覚症状が現れないか比較的軽い症状が現れます。尿道にかゆみや痛みなどの症状が挙げられます。

トリコモナスは、先に述べたように男性はあまり自覚症状が現れず、女性も他の性病に比べると自覚症状が少ないです。したがって、感染している状態で知らない間にどんどん感染を広げている可能性があります。これを「ピンポン感染」と呼びます。トリコモナスは性病の中でも特に感染力が強いのであっという間に広がってしまいます。

医療機関などで感染が確認された場合は、拡大しないために治療して完治するまでは性行為を行わないことがまず第一条件となります。パートナーが感染した場合は、自分自身に症状がなくても、必ず医療機関を受診しましょう。感染していることに気づかずに放置していると、将来不妊症になったり、早産や流産の原因になります。医療機関での医師の指示通りの治療を行うことがもっとも重要となります。

トリコモナスの治療にはフラジール

症状が悪化して検査を受ける女性患者トリコモナスは、放っておいても治ることはなく、自然治癒することはありません。そのまま放置しておくと、どんどんトリコモナス原虫が増殖して症状を悪化させてしまいます。症状に気づいた場合は医療機関に受診して検査を行うなど早期発見と早期治療が望ましいです。男性は泌尿器科、女性は産婦人科、または男女問わず性病科などの専門医療機関受診します。

トリコモナスの治療法には「フラジール」による薬物療法が一般的です。フラジールは抗菌薬でトリコモナス原虫に対する殺菌効果があり、炎症を抑えるなど症状を緩和する働きがあります。基本的にはフラジールの内服薬で使用し、症状が強い場合は同時に膣錠を使用します。医療機関では膣洗浄を行い、その後膣錠を挿入するなどの処置を行います。

フラジールによるトリコモナスの治療期間は、おおよそ1週間~10日間ほどで、飲み忘れなく連日で使用することが必須となります。医師の指示通りに服用を守ること、治療するにあたり禁止事項は行わないようにしましょう。治療の期間中は、まだ完全にトリコモナスの病原菌が体内に潜伏している可能性があるので、感染拡大を広げないためにも性行為やタオルの共有、大浴場などの使用は避けることが望ましいです。

トリコモナスは、しっかりと治療すれば必ず完治する性病です。医師の指示通りに薬を最後まで飲み切った後は症状が全くなくなったとしても、完治したかどうかを確認するために2週間後ほどに再検査を受ける必要があります。再検査によって、トリコモナスの原因菌の死滅が確認されたら治療終了です。病原菌が少しでも残っていると再発する可能性が高くなるので、治療後は必ず医療機関に受診しましょう。

フラジールは通販で購入できる

フラジールは病院で処方される一方で、通販サイトでも購入可能になっています。通販サイトでもamazonや楽天などには販売されておらず、個人輸入という方法で入手します。フラジールを個人輸入すると病院でかかる診察料や処方箋料などが一切かからずに安く手に入れられるメリットがあります。

個人輸入には安く手に入れらますが、一方でリスクも存在します。注文したら偽物が届いたり、注文したにも係わらず届かないなどがあります。病院の処方や通販サイトにはメリット・デメリットが存在するのでよく調べてからどちらから購入するのか判断するといいでしょう。

通販サイト情報

正規品を取り扱う安心できるサイトに@通販があるので、詳しくは下記リンクを参照してください。

フラジール200mg@通販